経営に必要なもの

経営戦略を立てるために


トップ » 経営戦略を立てるために

企業経営に必要なSWOT分析

企業を経営するには、自社の内部状況を知るとともに、他社や市場全体の環境も分析しておくことが必要です。そのためには、SWOT分析という手法がよく用いられます。これは、自社が持っている長所としての強み、短所としての弱み、そして、市場で自社がどだけの需要を導き出せるかの機会、さらに自社の利益を脅かす存在としての脅威という4つの評価から判断します。こうした4種類の指標から、自社の傾向をきっちり分析し、問題がある場合は、その対策を練り上げて、市場で自社が活躍できる場をしっかりと確保していくことが必要です。経営において最も必要なのは、自社が今、どのような立場に置かれているのかを第三者の目線で客観的に評価する能力なのです。

SWOT分析とは何か

SWOT分析とは経営戦略を考える上での分析方法の一つです。SWOTとはそれぞれの頭文字をとったもので、S(Strength=強み)、W(Weakness=弱み)、O(opportunity=機会)、T(Threat=脅威)を示しています。強みとは自社の持つ強みであり、競合相手に勝つことができる要素を抽出していきます。弱みとは自社の持つ弱みであり、これは競合に対し、負けている要素になります。機会とは、自社がどんな機会を利用するかを示しています。脅威とは、自社が晒されている脅威は何かを示しています。前者の2つがが会社内部、自社内の要因なのに対し、後者2つは外部、社外の要因を抽出します。これら4つを抽出していくことによって、自社の経営戦略を検討していく分析になります。

バリネコ
世界のお守りブログパーツ

もっと情報一覧