経営資源の使い方

パレートの法則で学ぶ経営


トップ » パレートの法則で学ぶ経営

経営資源の集中のために

経営を進める上で、限りある資源をどう割り振るかは重大なポイントになります。その際、判断基準として使えそうなのが、イタリアの経済学者が発見した「パレートの法則(別名80:20の法則)」と呼ばれるものです。これは、例えばレストランなどの場合、「売り上げの80%は、メニューの20%の品目が生み出す」傾向があります。つまり、重点項目を見つけて、そこに資源を重点的に投入することで効率化を図ろうということです。その重点項目を見つけるために、パレート図を作成し、ABC分析を行います。無駄な経営資源の投資をしていないか、一度ABC分析をしてみる価値はあります。

パレートの法則について

パレートの法則というのをご存知でしょうか。これは、経営学や経済学ではよく知られている法則のことです。イタリアのヴィルフレド・パレートという経済学者が、100匹のアリを観察していて、見つけました。100匹の中で、一生懸命働くアリは20匹、普通に働くアリは60匹、残った20匹は、働いていないというものです。これを、ひとの集団に例えて、全く出来ない人だけを集めると、今度は、その中から、良くできる人が現れるとなっています。この法則は、経営学にも繋がります。全体の売り上げを支えているのは、実は2割の顧客だったり、故障の場合でも、全体の2割が原因だったりと一部のことが、全体に大きな影響を与えていることが多いということになります。

バリネコ
世界のお守りブログパーツ

もっと情報一覧